岐阜県各務原市上戸町にある「桜桃歯科」監修、インプラント治療専門サイト。

doctor

ごあいさつ

院長 上田裕康

院長上田裕康

Hiroyasu Ueda

桜桃歯科は、院長の2人の娘の名前を一字ずつとって名付けました。お子さんの患者は、私の子育てと同じ思いで診療しております。インプラント、審美歯科、義歯(入れ歯)、歯周病治療、歯列矯正等全てにおいて、トップクラスの治療水準にあると自負しています。
各々がすばらしい結果を出しています。ですから、仕事がすごく楽しいです。

また、各々の治療をできるだけリーズナブルな料金でご提供できるように心がけてそれを実現しています。
遠方からでも来院する価値がある歯科医院と思っております。
是非、ご来院ください。

院長略歴
S.58/3 岐阜歯科大学卒業
S.58/4 同大学口腔病理学講座助手
専攻「口腔領域の免疫機構の解明」
S.61/4 医療法人聖病院「聖歯科」入職
S.62/4 同歯科所長
H.7/10 桜桃歯科開院
H.12/4 京都大学再生医科学研究所研究生
専攻「咬合と全身のバイオメカニズムについて」
H.15/4 東北大学医学部老年呼吸器内科大学院研究生
専攻「咬合と全身のバイオメカニズムの内科的考察及び解明」
H.28/4 Twinkle Dentalグループ代表  Twinkle Dentalグループ>>

安全面とアフターケアにこだわった治療

安全面とアフターケアにこだわった治療

桜桃歯科のインプラント治療は全国的にみてもトップ水準にあります。最新の知識を最高の技術で才能ある歯科医が行う。それが桜桃歯科のインプラント治療です。院長は年間に50日以上を海外も含めた技術研修、セミナーに参加し続けてインプラントの治療技術を高めてきました。その結果桜桃歯科では他院ではできないような顎の骨が無い患者様や、顎の骨の薄い患者様のインプラント治療や、歯茎の減っている患者様のインプラント治療を、骨を新たに造ったり、歯茎を新たに造ったりすることですばらしい成果をあげています。

桜桃歯科のインプラント治療が週刊ポストに掲載されました
掲載された記事を読む

インプラント治療は歯がなくなったところに人口歯根を植えて、歯があった状態を再現し、従来の入れ歯とは格段の咀嚼能力の改善を得ることのできる画期的な治療です。
インプラント技術の確立により、歯がないところに歯を作れることで入れ歯をなくすことも可能となり、歯科臨床は革命的に変わったといえます。しかし、昨今のマスコミによる報道でインプラント手術による事故など不都合な事実が報道されることによりインプラント手術を躊躇させる患者様が増えていることを実感いたしております。

今回、岐阜FMパーソナリティーの西村知穂さんのインタビューを受け、日本歯科医師学会でのインプラント治療の全国調査結果について私なりに医師の冷静な目線で解説させていただきました。

page-top