STEP1 カウンセリング
カウンセリング

現在のお悩みや治療へのご希望などをお聞かせください。患者様の状態やお気持ちを把握することにより、治療の精度が高まります。

STEP2 多種精密検査
多種精密検査

CT撮影やレントゲン撮影など各種精密検査を行い、治療に際して必要なデータを採取します。
桜桃歯科ではCTによる診断は当然であり必要不可欠と考えておりますので、CT撮影料は頂いておりません。

CT検査の必要性

  • ☑ 神経管の位置を知る
  • ☑ 骨密度の測定
  • ☑ 骨の距離・角度・面積などを知る
  • ☑ どの位置にどのくらいの大きさの
      インプラントが必要か分かる
STEP3 治療計画の立案
治療計画の立案

患者様の状態やご希望、ご予算などを考慮し、最適な治療計画を立案します。治療を受けるのは他でもない患者様ご自身です。治療計画にご不明な点などがありましたら、お気軽にご質問ください。分かりやすくご説明いたします。

STEP4 前処置
前処置

虫歯や歯周病などがあった場合には、インプラント治療より先にそれらの治療を行います。インプラント治療を行うのは、口腔内が健康な状態となってからです

STEP5 1次手術
1次手術

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術を行います。その後は治癒期間を設け、人工歯根とあごの骨の結合を待ちます。結合期間には個人差がありますが、上顎の場合は4~6ヶ月、下顎の場合は2~4ヶ月を目安にお考えください。

STEP5 2次手術
2次手術

人工歯根の頭部分を歯肉から出し、しっかり結合できているかどうかを確認します。切開した歯肉の治癒期間として、2~3週間を設けます。なお、その間は仮歯を装着します。

STEP7 型取り
型取り

歯肉の治癒が確認できましたら、歯型を取り、セラミックの人工歯をつくります。

STEP8 人工歯接着
人工歯接着

人工歯根とアバットメント(連結部)を連結し、作製した人工歯をアバットメントに装着します。これでインプラント治療は完了しますが、長期にわたって使用するには毎食後のブラッシングと定期的なメインテナンスが必要です。

STEP9 メインテナンス
メインテナンス

定期検診にお越しいただき、インプラントと口腔内のチェックを行います。この定期検診を受けつつ毎食後のブラッシングをきちんと行い、インプラントを長持ちさせましょう。

メンテナンスの必要性

  • ☑ インプラント歯周炎は起きていないか
  • ☑ 上部構造(人口の歯)がゆるくなっていないか
  • ☑ 上部構造(人口の歯)の噛み合わせの問題