桜桃歯科の患者様のエピソード 桜桃歯科の患者様のエピソード

岐阜県各務原市上戸町にある「桜桃歯科」監修、インプラント治療専門サイト。

OUTOU DENTAL CLINIC

058-371-8855

〒504-0927 岐阜県各務原市上戸町1-1

患者様エピソードEPISODE

稲沢市 52歳

上下とも歯が一本もなく、入れ歯でかめなくてインプラント治療の相談に行かれたそうですが、金銭的に制約がある事と、骨の状態が悪くインプラント治療に技術を要する難しい状態なので、冷たくあしらわれたようです。桜桃歯科で予算に合ったプランをし、少数のインプラントに入れ歯を固定する方法をおすすめし、現在は治療も終わりよく噛めているとの事です。「前の医院では冷たい応対だったのに今回は癒された」と言われた言葉が印象に残っています。

院長上田 裕康

岐阜市 67歳女性

最初に行った歯科医院でインプラントの見積もりを出してもらったが、治療費が高かったことと、やたらとオペを急ぐので、患者の事よりもお金儲けを優先していると感じて桜桃歯科に相談にいらっしゃいました。実際に精密検査をしたところ、当初の歯科医院の見積もりのほぼ半額でインプラント治療を終え、余った予算で以前から気になっていた前歯部のセラミックの治療も完了し、現在メンテナンスで通院されています。

院長上田 裕康

岐阜市 45歳

大学病院での治療計画ではかなり長期で高額な内容であったために来院された患者さんでした。私の診断プランがはるかに早い治療期間と低額料金であったため、桜桃歯科で治療を行い完了いたしました。医師目線で、杓子定規に診断、治療計画を立てるのではなく、患者さんの実情に沿おうという思いで治療プランを立てる事が大切だと思っています。

院長上田 裕康

犬山市 65歳

差し歯をしている前歯が膿んで痛くてかかりつけの歯医者に行ったところ、なおせないので抜歯するしか方法がなく抜いたあとにインプラントを勧められたという事で治療相談に来られました。レントゲンで診断し、根管治療で腫れや膿をとりその歯を治療し、新たに差し歯を入れて治療終了いたしました。抜歯してインプラントを覚悟して来たのに保険で治療が終わった事に驚き、喜んでおられました。

院長上田 裕康

各務原市 80歳

入れ歯が合わず、インプラント治療に関心を持たれて来院されましたが、費用的にとても無理という事でインプラント治療は断念、痛くて噛めないとあきらめていた上下の入れ歯を全面的に改修して痛みなく噛めるようにしました。患者さんは、「前の歯科では、あなたの顎の状態が悪すぎて、入れ歯は無理です」と言われていたのに、信じられない」と喜んでいらっしゃいました。

院長上田 裕康

名古屋市 27歳女性

差し歯がとれてしまい差し歯を作った歯科医院に行ったところ、抜歯してインプラントしか方法がないと言われたので桜桃歯科に相談にいらっしゃいました。こちらの患者様は、レントゲン検査の結果、通常の差し歯治療でできると判断し、保険治療で白い被せ物を入れ、残った予算で以前からやりたかった歯のホワイトニングと、銀の被せ物をセラミックにやりかえる治療を現在進行中です。
この患者さんから思った事は、前医が抜いてインプラントしかないと言った歯はレントゲンで見る限りどう見ても、正常な歯でした。この歯を抜いてインプラントを勧める理由は、高額なインプラント治療をしてお金を得たいという理由以外思い浮かびません。やはり、色んな歯科医師がいますので診断に疑問を感じたら他の歯科医院でセカンドオピニオンを求める事は大切だと思いました。

院長上田 裕康