桜桃歯科のインプラント治療に関するQ&A 桜桃歯科のインプラント治療に関するQ&A

岐阜県各務原市上戸町にある「桜桃歯科」監修、インプラント治療専門サイト。

OUTOU DENTAL CLINIC

058-371-8855

〒504-0927 岐阜県各務原市上戸町1-1

インプラント治療のQ&AQ&A

よくある質問

桜桃歯科に多くお寄せいただいたご質問にQ&A形式でお答えしています。
こちらに掲載されていないご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

インプラントは一生もちますか?

インプラントは純チタンでできています。整形外科でも骨折の修復に使われるのがチタンで骨をビス止めする方法です。チタンは極めて生体親和性に優れた物質で、体内で安定した機能を果たします。しかし厳格に言うと金属であって生体からすれば異物には違いありません。安定しているインプラントでも周辺の組織液中の炎症性細胞は健康な歯よりも多いことが確かめられています。従いまして、生体にとって異物である限り、いずれは体外に排出されることになります。どれだけ体内にとどまれるかは個人差があって何とも言えませんが、桜桃歯科が使用しているノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントで40年以上抜けずに機能した例もあります。
そのため、現時点でのインプラントは一生持つものではなく、大体15~20年ぐらいと考えていただければと思います。そしてだめになる時は通常痛みもなくぐらぐらとしてきますので簡単に抜けます。抜けてしまえば、数カ月待ってあらたにインプラントを入れれば何の問題もなく解決します。またインプラント材料の進化は日進月歩でどんどんより良いものが開発されていますので、ぬけてしまったらどうしようとか将来の不安を持つ必要はないと考えています。

他の歯医者に通院中でも相談を聞いていただけますか?

もちろん大丈夫です。当院はセカンドオピニオンを求めてくださる患者様に寄り添っていきたいと考えています。

複数の歯をインプラントにする場合、よりよい方法がありますか?

歯が1本にインプラントⅠ本をあてがう必要はありません。 通常インプラント2本で歯が3本分、インプラント3本で歯が5本分というように本数を節約できます。(骨の条件が悪い場合は例外になります)

他の歯医者で顎骨が薄くてインプラントができないといわれたのですが…

顎骨が薄い場合にはそれに対応する処置が必要となります。サイナスリフト、ソケットリフト、スプリットクレフトといった処置で、骨量を十分なものにするための治療となります。インプラントを埋める前に骨造成が可能かどうか、歯科医院で尋ねてみるのもよいでしょう。

前歯のインプラント治療も可能ですか?

前歯は審美領域と言って、通常は問題ないのですが条件が悪い場合はそれなりのテクニックがないと良い結果が得られないことがあります。骨造成術や結合組織移植術などがそのためのテクニックとなります。一度ご相談ください。

インプラント治療の保証はあるのですか?

保証の仕方は、各歯科医院でまちまちです。桜桃歯科の場合は、インプラントそのものが抜けてしまった場合は、処置後一年以内であれば、インプラントもかぶせ物も全額無料でやり直させていただきます。一年を経過して抜けてしまった場合は、下顎で術後10年、上顎で術後5年までは料費のみのご請求とさせていただいております。〈かぶせ物のみのトラブルの場合はいれてから3年が保証期間です〉ただし保証をお受けになるにあたっては、処置後の定期検診においでいただいていることが条件となります。
また、インプラント治療のやり直しをご希望されない場合は、術後一年未満の場合は全額返却、それ以降5年以内は半金返却〈上下顎〉、5~10年以内は25パーセント返却〈下顎のみ〉となっております。

手術の時間はどれほどですか、また当日は日常生活に影響が出ますか?

手術時間は歯科医師の技術差が大きく出る部分です。
桜桃歯科上田院長の場合は、顎骨の状態が通常の良好な場合はインプラント一本の手術時間はやり始めてから終わるまで、5~10分程度です。手術当日もとりたてて変わることなく普通に生活できます。

入れ歯からインプラントに変えることはできますか?

入れ歯は、入れているだけで不快感が伴うものですが、インプラントはほぼ自分の歯と同様の感覚で機能します。入れ歯からインプラントへの移行はもちろんできますが、金額的に無理な場合は、2~4本のインプラントを入れて入れ歯を支えることにより、より快適で噛める入れ歯を作ることができます。